痛みを和らげる対処方法をお教えいたします。

歯医者にすぐに行くことができない場合、歯の痛みを何とかしたい方は参考にして下さい。

歯が痛いイラスト
歯が痛いイラスト

【すぐにできる事】

●頬側から冷やす。(血流を鈍くさせるため)

直接幹部に氷を口に含むなどは歯に大きな刺激になるため、痛みが増す場合があります。

●うがい薬でうがいをする。(アルコール系はダメ)コンクールやイソジンで口腔内を殺菌

歯みがきで痛みのある処を磨くと刺激を与え痛みを増してしまうこともあります。

●患部への刺激を避ける。(患部を押したりしない。)

【お薬をお持ちの方】

●痛み止め(鎮痛剤を服用する。連続して服用はしない必ず5~6時間開けてからの服用)

ロキソニン・バファリン・EVE_A錠

【歯が痛い時にやってはいけない事】

●激しい運動はしないで下さい。

●お風呂に長時間入らないようにする。

●お酒などは飲まない。(血圧の上昇を避ける)又刺激物は食べない。

顔が腫れあがってきた。
(虫歯を放置していると細菌が繁殖し炎症を起こしている状態です、炎症による腫れを放置すれば神経のない歯でも痛みを感じます。
また放置すれば炎症がひどくなるため、歯科へ受診して治療を受ける必要があります。


虫歯で顔や歯茎が腫れるのは、虫歯になった歯の根本に膿が溜まっているからです。

歯の痛みが引かない場合

上記の内容は根本的に治ることではありませんので現状痛みがあり熱がある場合などは、夜間や休日のあいている歯科に行くか、痛みが我慢できる方はかかりつけの歯科へ受診する事をお勧めします。


一時的に痛みが落ち着いても完治した訳ではありませんので、早めに歯科へ受診をお勧めします。

休日急患診療所(福岡市中央区大名1丁目12-43 福岡県歯科医師会館内
・日曜日・祝日・年末年始(12月31日~1月3日)・盆(8月13日~8月15日)9時00分~16時30分

福岡県救急医療情報センター
・電話番号#7119又は092-471-0099
・受付時間:24時間365日